隠居の世迷言

隠居の世迷言

WGIP 何を言えば日本人は自信を失うか?誇りを失うか?

日本人の自尊感情をへし折るために、二度と再起できないようにするために考え抜かれた占領政策

それが現在でも日本人を苦しめている。

まずはこの動画を見てください。

 


WGIPって何だ?【CGS 神谷宗幣 高橋史朗 第138-1回】

 

前にご紹介した動画より踏み込んだ内容となっています。

とりあえず、WGIPの入り口です。

戦争が始まる何年も前から研究された占領政策で日本人の「心」を踏み潰していきました。

 

この占領政策により日本人はどんどん日本人らしさを失っていく事になります。

 

マスコミ、法律、教育などなど、あらゆる面を徹底的に解体していきました。

そして愚民化政策で政治への関心を失わせ、政治をコントロールして行きました。

 

それが現在でも色濃く残っています。

 

続きはおいおい話して行きたいと思います。

勉強しながらなので一気に進められません。www

 

では。

WGIP GHQの占領政策

隠居の妄想窟からの引継ぎです。

 

ウソのような話ですが、現在、国際金融資本と呼ばれる大金持ちの集団が世界をコントロールしているとお話ししました。

そして、その中の筆頭ロスチャイルド家ユダヤであり、ユダヤはヨーロッパで長年迫害され、当時卑しいとされた高利貸しを始めた事に起因し、現在では巨万の富を得た事を説明しました。

日本の関係ではグラバー商会が坂本龍馬に資金援助し、薩摩・長州に武器を供給。明治維新が成りました。その資金の元はロスチャイルドから。

日露戦争の戦費もロスチャイルドからとお話ししました。

日銀を作った渋沢栄一も、三菱財閥岩崎弥太郎ロスチャイルドに関係があったとか。

争いごとがあるところに国際金融資本ありなんです。現在の日本も大きな影響を受けています。

 

さてさて、今日お話しするのは「WGIP」ウオーギルドインフォメーションプログラムと言うGHQ、いわゆる進駐軍占領政策なんです。

 

これが・・・。これが今でも日本を苦しめています。

数々の問題はここに起因する場合が多いのです。

 

戦後、日本人に戦争責任を植え付けるために作られた作戦だとか、アメリカの国際法違反となる非人道的行為(原爆・無差別大空襲)を正当化するためとか・・・。

とにかく「日本人は悪い」と教え込む作戦だったようです。また日本のみならず周辺国でも日本人が悪かったので戦争が起きたと教えられたとか。

 

内容はいろいろあって簡単に説明できないのですが、プレスコードと言うのが分かりやすいかもしれません。

 

30項目の禁止事項らしいです。

 

  1. SCAP(連合国軍最高司令官もしくは総司令部)に対する批判
  2. 極東国際軍事裁判批判
  3. GHQ日本国憲法を起草したことの言及と成立での役割の批判《修正:2018年4月26日、江藤氏原訳「GHQ日本国憲法を起草したことに対する批判」を英文原文に従い修正。修正根拠は記載のアメリ国立公文書館の典拠文書の記述に拠る。(細谷清)》
  4. 検閲制度への言及
  5. アメリカ合衆国への批判
  6. ロシア(ソ連邦)への批判
  7. 英国への批判
  8. 朝鮮人への批判
  9. 中国への批判
  10. その他の連合国への批判
  11. 連合国一般への批判(国を特定しなくとも)
  12. 満州における日本人取り扱いについての批判
  13. 連合国の戦前の政策に対する批判
  14. 第三次世界大戦への言及
  15. 冷戦に関する言及
  16. 戦争擁護の宣伝
  17. 神国日本の宣伝
  18. 軍国主義の宣伝
  19. ナショナリズムの宣伝
  20. 大東亜共栄圏の宣伝
  21. その他の宣伝
  22. 戦争犯罪人の正当化および擁護
  23. 占領軍兵士と日本女性との交渉
  24. 闇市の状況
  25. 占領軍軍隊に対する批判
  26. 飢餓の誇張
  27. 暴力と不穏の行動の煽動
  28. 虚偽の報道
  29. GHQまたは地方軍政部に対する不適切な言及
  30. 解禁されていない報道の公表

 

ウイキペディア プレスコードより

 

 この他にも日本人を再起させない為にいろいろな対策が講じられたようです。

特に8. 9. なんかが今でもマスコミに延々と受け継がれています。これはもう利権と化していて容易には解けません。

 

また、他の占領政策についても、後々話したいと思います。

では、今日は入り口だけ。

 

興味のある方はいろいろ調べて見てください。

池上〇彰やYouTube大〇学などウソコキチャンネルが多数存在するので気を付けて。

 

それでは。

一部の記事をこちらへ移動

一部の記事を隠居の妄想窟からこちらへ引っ越ししました。

 

現在ブログを3本書いていますが、ちょと用途が混乱してきたので以下のようにしたいと考えています。

 

 

隠居の聞き耳」: 最近の話題(ツイッターからの転載)

「隠居の世迷言」: 過去の話題 ここです。

隠居の妄想窟」: 隠居の妄想

 

まあ、こんな感じで。

現在・過去・未来と言う事で。www

 

続きはこちらで。

次はWGIPの予定。

転載:ロスチャイルドの躍進

隠居の妄想窟からこちらへ引っ越しです。

 

以下転載記事です。

 

 

またまた現在の日本とは関係ないような話題ですが。実は深く関わっています。

ロスチャイルド家はヨーロッパで起きた数々の戦争で莫大な利益を上げていきます。

つまり、戦費を貸し、戦争の勝敗をコントロールしていたのです。

詳しい事は自分で調べて見てください。驚きですよ。

 

例えば、ロスチャイルド家日露戦争で日本へ戦費を貸していた事。

日本はロスチャイルドのお金が無かったら軍艦も買えなかったのです。

日本はこの借金を82年間も返済し続けたとか。

返済終了は1986年だったとか。つい最近ですね。

 

もう少し遡ると、坂本龍馬亀山社中を作って武器を薩摩と長州に売り幕府と戦った時代の話。若い坂本龍馬が武器を調達する莫大な資金を何処から得たのでしょう。裏にいたのはグラバー商会、そしてその親玉がロスチャイルドだったとか。

明治維新ロスチャイルドのお金で成ったのです。

 

いろいろ調べるとまだまだ出てきます。太平洋戦争はもちろんですね。

興味のある方は調べて見てくださいね。

 

で、昔の話だけではありません。今も影響を受けているのです。

もちろん、ロスチャイルド家だけではなく、世界中のお金持ちが世界をコントロールしているのです。

ウソ見たいな話でしょ。でも本当なんですよ。

アメリカのドルを発行しているのはFRBなんですが、FRBは民間会社でアメリカ政府はFRBからドルを借りている関係だそうです。そしてFRBの株主は現在非公開らしいのですが、以前は公開されており、国際金融資本がほとんどだったとか。

 

日本も同じですよ。「日本円(札)」を発行しているのは日本銀行ですね。日本銀行券って書いてありますから。で、日本銀行も民間会社なんですよ。ちゃんと上場もされているそうです。でも、日本銀行は法律で株主の55%は日本政府に決められているのでちょっと安心。でも、いつ変更されるかわかりません。

 

まだまだ、面白い話があるようですが、今日はこの辺で。

 

これでようやく本題の日本の問題へ・・・。

 

いやいや、まだまだなんですね、これが。www

 

 

 

 

 

 

転載:ユダヤと栄枯盛衰

隠居の妄想窟からこちらへ引っ越しです。

 

以下転載記事です。

 

 

 隠居の目論見とはかけ離れて歴史になってしまいました。www

 

何度も言いますが、隠居は歴史が嫌いです。本当かどうかは分かりません。

YouTubeの見た内容を鵜呑みにしていますので、ご自身でいろいろと調べて見たくださいね。

 

さて、日本の今の問題を説明するには国際金融資本を理解しないといけないと言いました。そして、その中心にいるのがロスチャイルド。そしてロスチャイルドユダヤなんです。国際金融資本のメンバーの多くはユダヤだと言う事です。

 

ああ、またユダヤ陰謀論だああ。などと言わないでね。

 

中国の華僑が華僑同士助け合い、融資しあい、世界へ進出した。と言う話を聞いた事はないでしょうか?

これと同じようなシステムでユダヤが大金持ちになったと隠居は考えています。実際ユダヤ金融資本と華人資本が関係しあっているようです。

 

さて、本題のユダヤですが、正確にはユダヤ人と言う定義がいろいろあってよくわかりません。ユダヤ人と言う特定の人種がある訳ではないようです。昔はイスラエルに住む人がユダヤ人だとかいろいろです。

ユダヤ教を信じている人がユダヤ人であるようですが、キリスト教を信じているユダヤ人もあるようでわかりません。

まあ、ユダヤ人の定義は別として、現在ユダヤと呼ばれる人たちが世界を動かしているとお考え下さい。

 

ユダヤと言えばナチスに迫害された人々と言うイメージがあると思うのですが、実は1000年以上前から迫害され続けたようです。

ヨーロッパの国々で迫害され、追い出され、また迫害され、追い出され。これを延々と続けているようです。よほど何か嫌われる事があるんでしょうね。

で、追い出され、行き着いた国では正業に就く事が出来ず、卑しいとされた職業だけが許された。その中の一つに「高利貸し」があった。ここで金融とヤダヤが結びついたのです。

 

その後、ユダヤは次々と国を追われ、辿り着いた国は繁栄を遂げ、その後ユダヤを追い出した国は没落した。

スペイン、ポルトガル、オランダ、イギリス。最後にたどり着いたのがアメリカ。

 

これはこの動画で見ただけなので・・・。まあ、真偽のほどはどうか?でも隠居はなるほど!と思いました。

 


#16 歴史の謎を解く鍵 ユダヤ人とバイブル 高原剛一郎 2012年 同志社大

 

バリバリのキリスト教の動画ですが面白いですよ。

これと違うもっと詳しいのがあったと思うんですが、見つけられませんでした。

 

こちらはウィキペディアの移動地図です。

ja.wikipedia.org

ユダヤ人であるロスチャイルドがその資産を増やしながらアメリカへと移っていきました。

 

ロスチャイルドがどうやって資金を増やしたかは別の機会に。

 

今でも国際金融資本はアメリカから世界を金で動かしています。

アメリカ政府ではありませんよ。国際金融資本=ディープステートになったのです。

 

さて、次は何を話せばよいか?

 

 

 

 

転載:やはり出発点からお話ししましょうか?

隠居の妄想窟からこちらへ引っ越しです。

 

以下転載記事です。

 

本当は勝手に妄想を書くためにここを始めたのですが、やっぱり読んでくれる人がいないと寂しいですからね。

でも、今、話題の事ばかり書いても仕方が無いので、やはり最初からお話ししましょう。

 

と言っても隠居は研究している訳でもないので、「そりゃ違うぞ!」と言う方はご自身でブログなりホームページで発信してください。隠居に言っても「はあ、そうですか」で終わりです。もう新しい事は頭に入りません。www

多くの人に現状を広めるのが目的。なので発信源が増える事は良い事と考えます。

 

さて、前置きはこの辺にして・・・。

 

現在の多くの問題を辿っていくと、マスコミの世論誘導、中国・韓国問題、等々すべてはGHQ連合国軍最高司令官総司令部)のWGIPWar Guilt Information Program)と言う占領政策に行き当たります。マッカーサーですね。

 

ここが始点かと言うとそうではありません。

 

さらに遡ると大金持ちに行き着きます。今で言うディープステート、国際金融資本などと呼ばれる人たちです。

現在、アメリカで起きている暴動、アンティファやBLMなどの先導者はジョージソロスと中国共産党と言われています。

ジョージソロスと言う名はアジア通貨危機の時に聞いた事があると思います。とにかく大金持ちです。中国共産党も金で世論を動かそうとします。先日トランプ大統領が中国領事館の閉鎖を命令しましたね。騒動を起こして選挙でトランプ大統領を落とす作戦でしょう。

中国共産党も実は国際金融機関が作ったと言われています。実際に作ったのはコミンテルン国際共産主義運動の指導組織)だそうですが、そこへ資金を提供したのが国際金融資本だと言う事です。

話はそれますが、地球温暖化問題で二酸化炭素がーと叫んでいた外人の女の子。あの子もアンティファのTシャツを着ている写真がネットに上げっています。野党の街宣の後ろにアンティファの旗があったり。

 

ディープステートはいろんな場所に資金を出し、問題を起こし、株価を操作しているのでしょう。もちろん金儲けのために。また企業価値を落とし、安く買い、技術を奪い取る事も。

 

それは今に始まったことではなく、ずっと昔から続けられている手法なんです。

 

さて、そろそろこの名前を出さなければなりません。

それはロスチャイルドです。

この名を出すと「都市伝説だろ」「陰謀論だ」などと言う声が聞こえてきそうですが、ちゃんとした歴史なんです。

国際金融資本の総本山とでも言おうか、とにかく圧倒的な資金力と権力を持った人たちなんです。

 

ロスチャイルドの名を出すと次に言わねばならないのはユダヤです。

何故ユダヤ

これも追々話さねばなりません。

 

ちょっと日本の現状から離れてしまいますが、次回はユダヤのお話をしたいと思います。

って、隠居はまったく専門家ではありませんので、本当のところはわかりません。

 

ネットにいろいろと情報がありますので調べて見てください。

 

でも、ウソもたくさんあるので気を付けて。池上〇彰は真実80%に印象操作20%を混ぜてきますので要注意です。池上〇彰への反論動画もたくさんありますので、見比べると理解が深まるかも。

またYouTube大〇学なんて言うのもその子分臭いので気を付けてね。

 

では、今日はこの辺で。

 

 

 

 

 

 

 

転載:あまりにも状況が悪すぎ

隠居の妄想窟からこちらへ引っ越しです。

 

以下転載記事です。

 

普通に生活を送っていると日本の状況が悪くなっているのは分かっていた。

でも、最近twitterを始めて驚いた。

東西南北いいろいろな方向から侵略が進められている。

気づいた多くの人が一生懸命抗議を続けているが侵略勢力に押されている。

 

って、何を言っているか分からないと思うけど、とにかくゆっくりはしていられない。

状況は各自調べてもらいたい。

最近の分は「隠居の聞き耳」に転載してあるので見てもらいたい。

twitterはフォローしないと必要な情報は得られません。

まずは記事を書いた人をフォローしてみては?

 

さて、何から書こうかと・・・。

 

では、この記事を見てもらいたい。

これはスイス政府が国民に配布した「民間防衛」だ。

 

 

これによると現在の日本は「最終段階」に入っている。

現在、自分の周りにいる外国人の数を見てもらいたい。

留学生、実習生などの名目で日本に入ってくる外国人。

そして、それを可能とした国会議員・役人たち。

大袈裟ではない。

自分の目で見て調べてもらいたい。

ちなみにマスコミは完全に外国勢力に牛耳られている。

まさか?

そう思うだろうが、残念ながら真実だ。

これも多くの資料で証明されている。

 

とにかくマスコミに騙されず、自分の力で真実を見つけてもらいたい。

 

まあ、今日は最初なのでこの辺で。